武田薬品の情報も参考にし高血圧専門認定医の利用を

高血圧は自覚症状を中々持ちにくく、悪化して脳卒中や虚血性心疾患、腎不全などを発症してから気づく場合があります。症状が悪化してしまっている時には、早期に治療を開始することが重要で、一般的な病院よりも専門外来がある病院を選んだ方が十分に治療を受けることができます。

専門外来を担当する医師は、高血圧指導医としての資格を申請していて、認定医は認定施設で研修などの知識や技術を身に付けています。高血圧専門医制度が導入されてから、新規に申請を受けたり更新を行っている医師も増えており、地域医療でも認定医が増えつつあります。

認定医でも使われる治療薬に、武田薬品の薬があります。高血圧治療薬の研究を長年続けてきており、他社と共同研究を行ったりもしています。

武田薬品のサイトでは、広く高血圧についての情報も提供されています。治療に臨む際に知識不足で不安を抱えている人は参考にすることができて、疑問なども解決します。自覚症状がなくても、生活習慣をチェックするだけで高血圧になる可能性が把握できるため、武田薬品のサイトを利用して普段の生活を顧みるようにするとよいです。

日本と海外とでは高血圧とされる基準が違うのは、体格などの差や病気に対する対応力が遺伝子から違ったりするためで、糖尿病など患っている病気がある人や若者と高齢者でも、悪化する可能性に違いがあるため基準に差があります。自分の年齢や体格などから適正な数値を把握して、健康診断のときだけでなく家庭でも測定して記録を付けましょう。

症状の進み具合により実施される治療も異なり、状態が軽いうちは薬に頼らず食事療法や運動療法だけで改善できる可能性があるので、早期発見のために測定する習慣を身に付けると良いです。